『ALIEN ISOLATION -エイリアン アイソレーション-』

とても怖いです。エイリアンは倒す事ができないので、隠れながら移動になります。レーダーと音が頼りになります。

見つかる=死 ですが、理不尽には感じません。だって、かくれんぼゲームですからね。見つかったら終わりというのが、緊張感を高めてくれます。死ねばセーブした所からのスタートで、最近のゲームでは珍しいですが、それが逆にいい緊張感に繋がっています。

セーブをする度に、「よし」って小さな達成感を得られす。

エイリアンに見つかった!って思っても意外と見つかってなくて、すぐ側を素通りされた時のドキドキ感はたまりません。幼少の頃、かくれんぼが大好きだった自分としては、あの頃のドキドキ感にそっくりで楽しかった。

アンドロイドに追いかけられるのも怖かった。無感情に速歩きでズンズン追いかけられると、ゾッとする。こっちは倒せるけど、やはり一筋縄ではいかない。あまり音を立てるとエイリアンがやってくるしで、ウザイ存在。

PS4のカメラを使ったシステムは秀逸です。

物陰からの覗き込みがリアルにできます。自分の顔の動きに反応して画面が動いてくれます。こういったゲームで、見えるわけないのに、つい体を動かして覗き込んでいたのが、本当に見れる様になるとは・・・

部屋の音にも反応する様にできるのですが、イレギュラーな事が起きそうなんで、OFFにしました。ネコも居るし、咳もできないし、『ご飯ー』って叫ばれて、エイリアンに見つかったら、理不尽な怒りを周りにぶつけてしまいそうなんで。