アサシン クリード シンジケート

アサシンクリードシンジケートは産業革命時代のロンドンが舞台ですので、産業革命時代のシンボルと言えば、蒸気機関、と言う事で機関車に乗れます。

乗るだけではなく世界の車窓からみたいに走ってる機関車を色んな角度から見る事も出来ます。

世界の車窓から~今日は産業革命時代のロンドンからお送りします~とか言われても違和感は無いです(笑)

また敵が所有する機関車から強盗をしたり機関車絡みのミッションも結構あります。

戦闘シーンと言う意味では、色んな場面が見れるので楽しいと思います。

今までの近接戦闘は敵に囲まれる→1人倒す→ボタン連打で連続キルだったのですが、

今回から瀕死状態で放置して、2~4人まで溜まったら特別な演出と共に、マルチキルとして発動するようになりました。

これが単調な演出では無く、姉のエヴィーと弟のジェイコブと言う男女二人が主人公なので、そこで演出が2パターン存在します。

更に、メイン武器がククリ、ケインソード、ブラストナックルと3種類ありますので、合計6パターン。

更に更に、2人を倒すとき、3人を、4人をと人数にもよるし、発生場所の違いもあります。

なんか演出がいっぱいあり過ぎて全て観れてませんw

とにかくカッコイイ演出が簡単に出来るので体験して欲しいです。