『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』

ギリシャ神話を題材にしたアクションゲーム。いわゆる洋ゲーで、向こうでは大ヒットタイトルです。

日本では享楽的で陽気なイメージが強いギリシャ神話ですが、残虐エピソードは実際にはてんこ盛りで、更にかっての価値観が今と違った事もあって、こういう話を書ける事はわかっていました。実際、冷厳なギリシャ神話の神々を描いた作品としては、日本でもヘラクレスの栄光3などがあります。

この作品では、主人公は神々に選ばれたスパルタ人戦士のクレイトスさん。彼は元々獰猛だったのですが、死の寸前にアレス神(ギリシャ神話でも屈指の獰猛な神)と契約したこと、神々にもてあそばれて家族を失ったことなどもあって、文字通り破壊と殺戮の権化のような存在になっています。

彼の冒険がシナリオの主題となっています。冒険と言うには少し血なまぐさすぎますが。

洋ゲー=もっさりというイメージがありますが、このゲームをやると印象が変わるかと。

とにかく動きが軽快で、重量級のキャラクターであるクレイトスさんが大暴れする事が出来るシステムです。

洋ゲーというよりも、ゲームシステム自体は和ゲーに近い感触。

また、アクションゲームですが、装備の成長要素などもあり、どのようにして武器を強化していくかなども楽しめる仕組みが盛り込まれています。

また、やりこみ要素なども充実していて、中々に素晴らしいです。

日本で流行るゲームと洋ゲーとして評価が高い作品は別物。これはどうしようもないことなのですが、この作品。少なくともゲームとしての部分は、日本でも充分に受け入れられるものとなっているかと思います。