『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』

ギリシャ神話を題材にしたアクションゲーム。いわゆる洋ゲーで、向こうでは大ヒットタイトルです。 日本では享楽的で陽気なイメージが強いギリシャ神話ですが、残虐エピソードは実際にはてんこ盛りで、更にかっての価値観が今と違った事もあって、こういう話を書ける事はわかっていました。実際、冷厳なギリシャ神話の神々を描いた作品としては、日本でもヘラクレスの栄光3などがあります。 この作品では、主人公は神々に選ばれたスパルタ人戦士のクレイトスさん。彼は元々獰猛だったのですが、死の寸前にアレス神(ギリシャ神話でも屈指の獰猛な... Read More

もっと読む

『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』

都市伝説に関連した事件を捜査する警察の部署(勿論架空)を題材とした作品。主人公はその部署に所属する警官になって、都市伝説が絡んだ事件の解決を目指します。 今回のシリーズは、完結編という事もあって、いちおう今までのシリーズでの謎などがあかされはします。 ・システム このシリーズは、元々畑違いのゲームメーカーが作っていることもあって、システム面の不備が目立ちました。 たとえばシナリオ解放の条件には、どうしても既読率が関わっているのに、とにかく穴埋め作業が面倒くさい。特に1の頃は大変で、何度も何度も同じ話を読ま... Read More

もっと読む

お気に入りのPS4ソフトの買取価格は

私はゲームが趣味で今まで色々なゲームで遊んでいたので好きなゲームがたくさんあります。 いままでPSPのソフトについてかいていましたが、ゲーム機やジャンルによって好きなタイトルは色々とあり、今回はPS4のゲームについて書きます。 ゲームのタイトルは『ダークソウル3』と言います。 知っている方も多いとは思いますが『ダークソウル3』はフロム・ソフトウェアから発売されたゲームでダークソウルシリーズの3作品目にあたります。 元々はPS3でダークソウル2をプレイした時からダークソウルシリーズのファンになり、3は予約し... Read More

もっと読む

大好きなPSP買取は

私は漫画やゲームを良く購入するのですが、狭いマンションに住んでおりますので、やや置き場に困ってきたので先日、一部を処分するために売りに出すことにしました。一番近くにある中古本屋がブックオフ武蔵境連雀通り店でしたので、特にどのお店に売ろうかと悩むこともなくそのお店に決定しました。 本当は車で持ち込みたかったのですが現在車を所有していないので、かなり重かったのですが手持ちで持ち込みました。出張買取も検討いたしましたが、数にして漫画本30冊、ゲーム10本程度でしたのでわざわざ来ていただくこともないかと思い手持ち... Read More

もっと読む

無双おろち

今日は無双おろちというゲームについて書かせていただきます。戦国や三国志の武将を使用し敵を倒していくアクションゲームです。私は無双系のゲームをするのはこれが初めてでした。最初は見方もあまりいないのですが、シナリオをクリアするごとにいろんな武将を使用できるようになります。また、レベルを上げることで強くなっていき、敵を倒すのが爽快になってきます。また、強い武器を相手から拾っていき、さらにその武器を合成することで強くなっていきます。レベル上げは苦になることはないと思います。程よい感じで上がっていきます。 切って切... Read More

もっと読む

メタルギアピースウォーカー

今日はメタルギアピースウォーカーを紹介します。 このステレスゲームのシリーズは以前PS2で体験していましたから期待を込めて買いました。そうしたらやっぱり楽しかったです。是非皆様にもこの面白さを経験してもらいので、その良さを書いてみたいと思います。 まずはこのシリーズの世界感です。全体的な背景は戦争ですが、ストーリーはまるで映画をみているようです。それが見て取れるのがオープニングです。オープニングから既にカッコよいです。主人公スネークも相変わらずの風貌でカッコよいです。今回はナレーターもついていました。この... Read More

もっと読む

『プロ野球スピリッツ2013』

PSPで最も評価の高い野球ゲームのタイトルといえば、『プロ野球スピリッツ2013』でしょう。ネットで高い評判を誇るこの作品を、私もプレイしましたが、非常にバランスが良いです。 ペナントレースや選手カードを集めてチームを強化し、グランプリを勝ち抜く「グランプリ」モード、一人のプロ野球選手としてペナントレースを戦う「スタープレイヤーモード」など、満載です。 また、私はこの作品が初めてのプロスピだったのですが、「プロスピ入門」を選択すれば、投球から打撃、守備や走塁方法まですべて教えてくれます。しかも実戦形式なの... Read More

もっと読む