『流行り神3 警視庁怪異事件ファイル』

都市伝説に関連した事件を捜査する警察の部署(勿論架空)を題材とした作品。主人公はその部署に所属する警官になって、都市伝説が絡んだ事件の解決を目指します。

今回のシリーズは、完結編という事もあって、いちおう今までのシリーズでの謎などがあかされはします。

・システム

このシリーズは、元々畑違いのゲームメーカーが作っていることもあって、システム面の不備が目立ちました。

たとえばシナリオ解放の条件には、どうしても既読率が関わっているのに、とにかく穴埋め作業が面倒くさい。特に1の頃は大変で、何度も何度も同じ話を読まなければならず、作業が半端ではありませんでした。

流石に3作目となると、ある程度はまともになっては来ましたが、それでも不便な点は少々目につきました。

・シナリオ

今までのシリーズでも、主人公の強引極まりない推理や、途中で分岐する「科学ルート」「オカルトルート」がシナリオ的に大差ない、という事が結構ありましたが。今回もあんまり変わっていません(笑)

主人公の強引極まりない推理はアメリカバイソンの突進がごとくなので、拙者は主人公をアメリカバイソン男と呼んでいます。ヘタレですけど。

今回の話でも、科学ルートで、人間を一晩で食い尽くす寄生虫(しかし虫下しさえ飲めば何故か平気)とかいうトンデモ生物が出てきたり、色々ロックでデストローイなシナリオが目立ちました。

シリーズのファンであるなら買ってもいいかなとは思います。

http://hayarigami.com/3/