『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』

シリーズも4作目となり、マンネリ化も否めないかと思ったが、期待以上のデキ。

新しくロープや崖滑りのアクションが増えたが、やってる事は同じ・・・だけど、ストーリーにぐいぐいと引き込まれるし、グラフィックは驚異的にキレイ。実写の映画の様な映像。ボリュームもあり、遊び応えがあります。

相変わらず、日本語吹き替えが素晴らしい。この丁寧なローカライズにも好感が持てます。主人公ネイトの独り言(愚痴)を聞きながらプレーするゲームでもある(笑)

謎解きのレベルは、簡単です。歯ごたえが無いとも言えますが、テンポを重視したのだと思います。自分としては、嬉しい調整です。なぜなら、2週目、3週目遊ぶ時に、複雑な謎解きはダルい作業になるからです。このゲームに関しては、このテンポ重視で正解だと思います。

ゲームオーバー後のコンティニューも、ロード無し?と感じるほど速くてストレス無し。この点が凄く重要だと思います。ゲームオーバーってプレイヤーにとってはストレスが掛かる瞬間です。悔しくて速くやり直したい・・・ロードが長いと余計にストレスが溜まり徐々に怒りが沸いてきます。何度もゲームオーバーになると最悪です。

このシリーズでは当たり前ですが、すぐにやり直しができて、ゲームオーバーになっても、すぐにプレーできるので、気持ちを切り替えできる。プレイヤーにストレスを与えない様な仕様も素晴らしいと思います。この点は、どのゲームも見習ってほしい。

道に迷わないマップ作りもスゴいなぁって感心します。